リースバックとはどのようなシステムなのでしょうか

リースバックという言葉を最近よく目にしますが、このリースバックとは具体的にどのようなことを指すのでしょうか。一言でいってしまえば、家を売却した後、その家に家賃を払って住み続けることです。このため、売却後には賃貸契約をすることになります。このリースバックのメリットとして、家を売却するため、まとまったお金が手に入るという点がまずあげられます。

もちろん転居をする必要もありませんし、また賃貸契約となるわけですから、固定資産税もかからなくなります。その他家の一部を破損した時の修繕費も出さずに済みますが、契約内容によっては、修繕費が全く必要にならないとも言いきれません。そのため、事前に内容をきちんと確認しておきましょう。しかしリースバックとは、メリットばかりではありません。

まず家賃が発生しますし、その家にいつまで住めるかもわかりません。実はリースバックの契約は定期借家契約となり、期限が来て再契約できなければ、退去となることもあるからです。ですから長く住み続けたい時は、期限が設けられていない普通借家契約をした方がいいでしょう。それからリースバックは、売却価格が安くなりがちです。

家の買取価格と、その後の家賃収入などを見て、どれだけの利益を出せるかが基準となるためです。しかし売却価格が高くなると、今度は家賃も高くなる傾向があります。利用前にこのような点をよく考え、リースバックとはどのようなシステムであるかを把握したうえで、自宅を売却するようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です