リースバックとは効果的な遺産相続対策

リースバックとは住宅ローンの返済が滞ってしまった場合など、この状況を回避するために効果的に利用できる手段と認識されていることが少なくありません。実際にリースバックを行う会社の中には、任意売却に該当する状態の住宅であってもこれを買い取り、再リースしているといったケースも多いものです。しかしこれだけではなく、実際には遺産相続の場面でも非常に効果的に利用することができる側面があります。リースバックとは現在住んでいる住宅を買い上げ、これを居住者にそのままリースするといったサービスとなっています。

住宅を売却しても再リースを受けることができるため、そのまま住み続けることができ売却代金を受け取って月々のリース料金を支払うと言う仕組みです。これによって住宅ローンの残債等が残っている場合にはこれを消化できますし、残った分は現金で手元に残るので安心して生活することができます。遺産相続の際には住宅を相続する場合、これに関する様々なトラブルが発生する可能性があります。住宅の所有権は分割することができないため、親族の中の1人に負担がかかることになり、相続が拒否されるとこの資産が宙に浮いてしまうことになるため注意をしなければなりません。

また不動産は相続を行う際の税金の査定基準となる評価額と実際の売却可能額が異なることから、これもトラブルの要因となります。リースバックとは、これらの不動産相続の問題を円滑に解決する方法の1つと注目されているものです。売却して現金化することで、相続の際にも分割等をスムーズに行うことができ、住宅を有効に活用する手段となっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です